ブログ

ああ良い眼鏡専門店のブログです。

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

たまに通る散歩道

看板はずっと前からあった…と思う

 

いやあこれまでは

ちゃんと文章を読んでなかったんでしょうなあ

 

どこにでもある看板だし

大抵決まり文句は分かってる

なんて

あとは読んだ気になってました

 

それともこれも間違い探しの

脳のアハ体験をさせてくれてる?

 

スタッフM

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

情報通信技術がどんどん進化しています

 

最新版を手に入れてヤレヤレ

…と思っていても

しばらくするとまたその上が出て

更新や買い替えも余儀なくされる

 

必要になる古いIDやパスワード

新しいIDやパスワードの作成など

 

読んで理解することが一杯

 

皮肉なことに便利になることで

どんどん不便さが増すようです

 

でも大変だけど便利な機器を自分も使いこなしたい

と言う方も多いことでしょう

 

その便利な物を使いこなそうとする前に大切と思うのは…

 

自分の眼がお仕事出来る状態にしておくことかなと思います

 

物の見え方が低下すると

文字を読む気が失せてきます

 

そうなると新しいことへの興味も

失せて行くことへ繋がるのです

 

見え方の不安を日々お持ちであれば

それを後回しにしないで

先ずは

自分の眼が必要とする情報の入ったメガネを手に入れて頂きたいです

 

自分の眼が心地よくなれば

新しい情報もさあ来い!ですね

 

当店がお手伝いさせて頂きます

 

スタッフM

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

近視の眼で

その矯正をせず未補正でも

全然不自由なく見えて

全然困らない

 

と言う方はいらっしゃるでしょう

 

ですが

近視の眼はやはり近くが得意で

距離が離れるほどボヤけます

 

なので

考え事等で注意力不足時は特に特に

大事なメッセージの文字まで

見落とす可能性が高くなります

 

例えば

「女性専用」の車両に乗って

気が付かない男性さんもそうかもしれませんね

 

裸眼さんに限らず

メガネの度数が変わっている場合もね

 

スタッフM

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

樹木や雑草の植わっている一場面

 

ここにスズメさんたちが

bird10-3.jpg

いたんですねぇ

 

でもね

体は背景に溶け込んでるけど

 

♪♪茶色の帽子が見えてるよ♪

 

ですね(^^)

 

スタッフM

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

年配の方で時々「眼が良くなった」

「メガネを掛けずに見える」

とおっしゃる方があります

 

大抵はゆるい近視だった眼

 

その眼がそれまで

その眼に適した対処なく

お過ごしだった場合なら

 

「近視」が進んだ為

と考えるのが一般的でしょう

 

近視が進むと当然

裸眼で近くは以前より見えるのです

 

それを眼が良くなったと

これが勘違いなのです

 

それと引き換えに

遠くは見えづらくなっているもの

 

しかし元々ゆるい状態の眼は

遠くがほどほどに見えて来たため

じわじわ変化する見え方の低下には鈍感です

 

さてそんな眼をそのままほっておくとどうなるでしょうか

 

ゆるい近視の場合は今は良くても

そのうち近くも遠くも見えづらくなります

 

加齢により

己の調節力がなくなっていくからです

 

もし50代以上で裸眼でお過ごしで

スマホをそんなに近づけずに見られているなら

そのタイプかもしれません

 

そして眉間に縦じわが出る様な見方であれば

さらに乱視があると推測されます

 

乱視という眼は

ある方向で良く見えたりすることがあるため

ゆるい近視に乱視があれば

自分はなんとか行けてるなんて

さらに勘違いをしてしまうのです

 

いずれにせよ

その眼はかなり無理をしています

 

恐らく見え方だけでなく

肩こりや頭痛他

なんらかの症状をお持ちかも

 

加えて眼は脳と深い繋がりがあるので

眼の無理しんどさは

脳自身もしんどいと訴えているかもしれませんね

 

眼の状態は変化するのです

加齢は持てる力も低下させるし

生活環境によっても変わります

 

40代からは(本来はこども時代から)

自分の眼を知り

その時に応じた見え方のサポートをしていくこと

 

それによって

眼も良い見え方の年の取り方をする

それはすなわち脳も本来の力を発揮することに繋がる

 

そのように当店は考えます

 

スタッフM

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

冬になるとお肌が乾燥するわぁと

せっせと保湿クリームでケア

 

そんな時思い出してね

眼だって乾燥してるかも?って

 

ただでさえ乾燥する季節

加えてお部屋は暖房でカラッカラ

そんな中でパソコンにスマホ

 

眼にとっては過酷な状況なんです

 

OA機器端末機(VDT)作業中は

まばたきの回数が1/4になるって

ご存知でしたか?

 

まばたきが減ると

涙の蒸発が促進されて

眼の表面が乾くのを助長しますよ~

 

眼が乾くとドライアイや

その他の眼のトラブルに繋がる可能性も出てきます

 

なる前に労わってあげましょう

 

先ずは

眼に負担のない良い見え方を確保

これはその眼に必要な情報の入ったメガネがお手伝いしますよ

見えにくいままのVDT作業は

かなり眼に負担を強います

 

それから

VDT作業時間の合間に休息を

作業中にはまばたきを意識して

 

そして体の中については

必要な栄養素を摂る事と睡眠zz

 

一般的な事ばかりですが

意外と忘れがち

 

冬はお肌も乾燥するけど

眼はもっと乾燥してるかもって

思い出して労わってくださいね

 

スタッフM

 

 

一本の電話

2018年12月12日

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

一本のお電話がありました

 

作って貰ったメガネで免許が通った

という喜びのお電話でした

嬉しくて一番最初に知らせたかったと

 

お相手はご高齢の方です

 

眼鏡屋として最高の褒め言葉の一つであります

 

それを伺ってもちろん

わたくしたちも大喜び

 

何より

注目したいのは

ご本人の生き生きした日常

 

生来のご性格ももちろんありましょう

 

ですが

年齢を重ねてなお

運転はもちろん

様々な興味を持っての行動は

眼の元気さと無縁ではないと思ったのでした

 

人はその齢に関係なく

人それぞれに合わせて楽しむことができます

 

例え足腰が弱った方でも

文字を読むのがお好きなら

その眼にふさわしい内容のメガネで

読書を楽しめることでしょう

 

質の良い見え方は

楽しい日常への第一歩

ですね♪

 

スタッフM

 

 

 

 

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです

道を歩いていてたまに仕事用の車が路駐しているのに遭遇します

 

昔ならその中のお人は

大抵居眠りzzz

 

最近そう言えばなんか違う

 

ほとんどと言っても良い位

下を向いてスマホをご覧に

 

確かに時間つぶしには持ってこいだし

楽しいから気分転換にはなりますね

 

でも運転は眼も疲れるから

居眠りも良いんだけどなー

なんて思うのでありました

 

スタッフM

 

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです。

トップ写真はベランダのヒビ!

 

taihu3.jpg

 

台風後一応点検はしたのです

その時は異状なし!だったはず

 

ですがつい昨日

ながーいヒビを発見しました

 

最初の点検時になぜ見つけられなかったのだろう(TT)

わたくしの眼はどこを見ていた?

 

皆様も今一度点検してみて下さいね

見落としが見つかるかもです

 

冷静になって初めて

眼と脳が正しく連動するって言う

良い例かもしれませんね

 

スタッフM

 

こんにちは、「ああ良い眼鏡専門店」 http://yoimegane.jp/ のスタッフMです。

60才を過ぎている方が

(手術等の経験なしで)

遠くも近くも見えるからメガネはいらない…

 

とおっしゃる方をチェックしますと

大抵軽い近視の眼であります

 

視力標で言えば-0.5くらいでしょうか

(ちなみに免許は-0.7必須)

 

若い時はもう少し良かったかもしれません

 

それが徐々に低下してその値なら

これまでの日常生活は不自由を感じなかったかもしれません

 

眼を使うお仕事でなければ特に

 

ですが簡単なチェックでさえも

すでに少し離れた距離は見えていないことが判明します

 

見える見えないというのは

ある程度の大きさの字がわかるかどうか

 

でも離れた場所の字が分からずとも

知り合いの顔や生活圏の風景は分かる

それで不自由とは感じない

 

それが実は困ったことであります

 

それまでの人生での経験の慣れで

自分は見えていると錯覚する

と言う事が起きて来るからです

 

変化というものは

急激ほど認知されやすいけれど

逆にじわじわだと気づきにくい

 

その為に

思わぬアクシデントにも遭う可能性だって大きくなります

 

今からでもその眼に合ったメガネをお作りになって頂きたい

 

ただ予想以上に見えていないと判明して作りたいとなったとき

そのとき矯正がスムーズに出来る眼であって欲しいと願います

 

軽い近視で不自由を感じなかった眼の持ち主さんは意外とご注意なんです

 

スタッフM

 


2015年9月12日以前の旧ブログはこちら